etc

付知へ来訪

01.12.15 | Comment?

この道を歩みだしてまだ2年も経たないころ、岐阜県付知町の木工家、早川謙之輔さんの著書『木工のはなし』を読み、当時に木工の勉強に勤しんでいた私はとても感銘を受けて岐阜へ話を伺いに赴きました。そのときは都合あわず、お会いすることはできませんでしたが、ご子息である早川泰輔さん(建築家)がお相手してくださり、木についてのコトや木との関わりかた等、数日間にわたる仕事を通して色々とお話しいただきました。そのときの経験が自身に大きく関わっていて、今の事務所にも反映されていることを感じます。

それから10数年経ち、改めて思うことあり早川さんへ連絡し、「栗材」について、「木との関わりかた」についてお話を伺いしに付知へ行ってきました。久しぶりの「杣工房」は大きな変わりも無く、当時の面影を沢山残していました。自分の近況含め、今迄のことやこれからのことなどを様々とお話いただきました。

早川さんは、木との関わりについては、まだまだとは言っているが、私から見ると木と向き合い40年の年月はかえがたいものがあります。 そして、先代(早川謙之輔さん)の残してくれたものをどう次世代に伝えていくかを常に考えながら、お仕事と向き合っている様は建築家であり職人であるように感じます。

今後は、私自身も付知へ赴き木と向き合う時間をとり、「素材」としてではだけではなく、また違う角度でより深い付き合いができるよう心がけ設計へ反映していきます。今年から、1本の木から新たな環境にいく迄の過程を少しづつ経験していきます。

早川泰輔事務所
HP:tharch.exblog.jp

have your say

Add your comment below, or trackback from your own site. Subscribe to these comments.

Be nice. Keep it clean. Stay on topic. No spam.

You can use these tags:
<a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

:

:


«
»